« 2011年1月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月 5日 (木)

常念岳やねん。

映画「岳」movie、いよいよ始まりますねぇ。

オムニバス形式のコミックの世界観を表現するのは

正直難しいとは思いますが、今から楽しみにしています

http://www.gaku-movie.jp/index.html

さて、映画公開に触発された訳ではありませんが、

当方も約4か月ぶりに登山活動再開。(ヤスミスギダッテ・・・)

 

やはり「岳」ということで、真っ先に候補に挙がったのは

北アルプスの「奥穂高岳」でしたが、

最低2泊3日の難関コースは老体(プヨプヨお腹&ふくらはぎ)には酷、

(というか、間違いなく誰かに迷惑をかける)と判断。

もう少しお手軽(と思っていた)な「常念岳」攻略に向かうことにしました。

=====================

【日付】2011/5/3~5/4

【クライム・オン】6:30(一ノ沢)

【山頂】14:25

【クライム・オフ】5/4 9:15(一ノ沢)

【パートナー】ソロ

=====================

駐車場に車を停めて愕然①!第一印象

「山、遠くね?」coldsweats02

Jounen1

どう考えても、一峠向こうの山にしか見えない・・・

 

登山口に到着後に愕然②!

「標高、低くね?」coldsweats02

Start

常念は標高2857m。

メタボ中年内蔵の旧式電卓(暗算)で計算したところ、

「約1600mを登れ」と言う数値を算出。

・・・ということで、(この時点で)想像以上に困難な登山を覚悟。coldsweats01

登山計画書memoを書いて、レッツ、クライミング!fuji

 

登山道自体は、登り初めてすぐ、雪がちらほら。

2時間ほどで完全な雪山となります。snowが、

沢伝いがメインということもあり、飲み水には苦労しません。

Water

きついのは上り後半戦。延々と続く雪坂。

(2年前の槍ヶ岳直登ルート(槍沢)で体験した、心臓破りの再来)

「デブリ」と呼ばれる雪の堆積物は、ここで雪崩があったことを

意味します。(コワッ)

Deburi

予定より約30分オーバーで山頂麓の常念小屋に到着。

もう少しcloud天気cloud良ければベストでしたが、いきなりの槍登場に感動。

(いつ見ても、クールに天を突いています)

Jounenkoya

小屋全体は、まだまだ雪の中、入り口自体、カマクラみたい。

Enter

店内で恒例の、登山バッチ&昼ご飯ゲット。happy02

胃袋にガソリン注入し、いよいよ山頂を目指します。

Soba

が、体力回復したと思ったのも束の間、早々に足が重くなります。bearing

さらに、強風&降雪に巻き込まれ、山頂着いたころにはすでにヘロヘロ。

(期待していた眺望も、360度ほとんど真っ白でした。かつ、寒いwobbly)

Jonen_top Jonen_top2_2

 

小屋に向けて下山時、しゃがみ込んで(疲れ切って)休憩していると、

ん?、ハイマツの陰から何やら動物shadowの気配・・・・。

Raityo

うっ、うおぉぉぉぉ!!

ラ、ライチョウさんではないか!!lovely

昨年の剱遠征でも会えず、お土産屋のヌイグルミ以外、実は

絶滅している、と信じていた君が何故ここに!

不覚にも、カメラcameraの望遠レンズを持参しておらず、

悲願の拡大写真取れず!!なんてこった~!

(パソコンで画像拡大も、これが限界bearing

Raityo_up

ライチョウさんより「下山、あきらめないで。」

のメッセージを受け取った(つもり)ので、最後の一踏ん張り。

16:00、なんとか小屋に到着。happy02

 

コースタイム的には、このまま下山チャレンジすることも可能でしたが、

いつも以上にヘロヘロcryingなのと、下山が夜になり、道迷い等

何かあったときに周りの方に迷惑かけちゃいかん、ということで、

小屋泊を決断。

 

(突然の宿泊にも関わらず、親身に対応いただきました

常念小屋スタッフの方々、ありがとうございました。)

 

北アルプスには、これから何度もお邪魔する予定で~す。wink

 

---

「そこに山があるから」ライチョウさんに会えなくても

登山にチャレンジします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年7月 »