« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月18日 (金)

みちのくひとりたび①

ゴールデンウィーク!happy01

悩ましい平日中日(5/1~5/2)も会社カレンダー上

休日、という粋な計らい!!

まことに勝手ながら、連休初旬を「登山強化期間」

指定させていただきました。catface

 

目指すは東北。

なるべくたくさんの百名山を登ってくる、という。

ラフな計画書を片手に、レッツ、北上開始!!!

 

初日(百名山 第31峰目)は福島の磐梯山。

単独峰は、麓からも見ごたえ十分~lovely

Bandai

=====================

【日付】2011/4/29

【クライム・オン】9:30(八方台)

【山頂】12:20

【クライム・オフ】15:50(八方台)

【パートナー】ソロ

=====================

登山口からさっそく、雪。

この、足が大地に引き込まれ、重くなる感覚。

生きてるぅ、って感じ~happy02(超ドMcoldsweats01)

Yamamichi

積雪期、ということもあり、周辺の木々はまだまだ睡眠中。

早々に大将(磐梯山)が目前におでましおでまし~。

Bandai2

これまでの経験から言うと、

最終ゴールが見え続ける状態での登山は、その逆の登山と比して、キツイことが多い。

一歩二歩進んでも、ゴールが全く近づいているように見えず、気が焦ってくる。

自分があの頂に本当にたどり着けるのか、不安が襲う。

 

そんなときは、ひたすら、とにかく、ひたすら、「足元」を見る。

・次の一歩に、危険はないか?

・次の一歩は、二歩目を踏み出しやすい場所か?

などと考えながら、登る。

 

少し余裕が出たら、

・目前の木立まで、約1分で移動しよう とか

・次の日蔭で3分間、スタンディング休憩を取ろう

など、目先の小さな計画をひたすら実行に移していく。

 

こんな感じで何十分か経過した後、ふと見上げてみると、

最終ゴールが意外と近づいていることに気づく。

振り向くと、さっきまで自分が立っていた場所が意外と遠くなっていることに気づく。

仕事でも、家事でも、意外と同じアプローチが通用するかも、などと考えてみたりもする。

※(雑草が割拠する)新居の庭をどうするか、毎日途方に暮れていますので・・・・coldsweats01

 

そんなこんなで約3時間、念願の山頂到着。東北復興の息吹を、

肌で感じます!!happy02

Sancho1

Sancho2_4


下山時は、昨日オープンしたばかりという、弘法清水小屋に寄って、

バッチをゲットすることに。catface

どうも、直前まで酒宴beer(オープン記念?)があったらしく、

奥ノ院のボス(女性?)は二日酔いで現れず、

慣れないおじさんがたどたどしく、バッチ販売を対応。smile

Koya


隣にも売店あり、行ってみることに。

別種のバッチがあったので店員さんと少し会話してみると、

最近、国土地理院にて磐梯山の標高再調査が行われ、

少し数値が低くなったとのこと。
 

どうも、購入済バッチは見直し前の標高となっており、

見直し後のバッチも購入するトホホな展開に。shock

(まあ、この「ゆるさ」がたまらないんですけどね~coldsweats01

 

途中、下山道誤りなどもあり、大幅に時間オーバーしましたが、

無事日中に登山口へカムバック。

 

山麓の川上温泉で恒例の入湯spa後、さらに北上。

一挙に本州最北(青森)登山にチャレンジです。

(途中、東北道の岩手山SAで車中泊car)

---

「そこに山があるから」

バッチの買い間違いがあっても

登山にチャレンジします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »